話題のにゅーす

話題のにゅーすはまとめブログです。
芸能、Twitterネタなど様々なカテゴリがあります。
暇つぶしにどうぞ!


    ジョーイ(Joey)は、英語圏の人名。ジョーゼフなどの愛称。ジョイも参照 ジョーイ - 日本で活動するアメリカ出身のモデルJOY (ファッションモデル)を参照。 ジョーイ・アーチボルト - アメリカのプロボクサー。 ジョーイ・ヴィラセニョール - アメリカの総合格闘家。 ジョーイ・オブライエン -
    3キロバイト (320 語) - 2019年6月27日 (木) 09:49



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    芸能人は全員検査したほうがいい、、、

    1 チミル ★ :2020/02/14(金) 01:20:51 ID:G0Ka//T69.net

    タレントのJOYが13日、YouTubeやツイッターなどのSNSで、槇原敬之容疑者が覚せい剤取締法違反容疑で逮捕されたことを受け、14日に薬物検査を受けることを明かした。

    ✂┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈以下略

    デイリー 2020.02.13(Thu)
    https://www.daily.co.jp/gossip/2020/02/13/0013114380.shtml


    【【JOY 】明日、薬物検査に行ってきます‼︎】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    この人ヤバいね、、、

    1 ほニーテール ★ :2020/02/13(Thu) 19:32:39 ID:/rv2HDO39.net

     あまりにイメージとかけ離れた鈴木杏樹(50才)の不倫スキャンダルは、多くの人を驚かせた。一方で、相手の男性となると「さもありなん」という反応が聞こえる。この二枚目俳優の素顔に迫る。

     山奥の村を舞台にして起きる、怨念が渦巻く連続殺人事件──。横溝正史の『八つ墓村』は、あまりにも有名なミステリーだが、事件の当事者ではない金田一耕助役が今、思わぬ形で脚光を浴びている。
    「2月16日から東京の新橋演舞場で公開される舞台『八つ墓村』の稽古中の出来事でした。金田一役の緑郎さんが役者やスタッフの前で“ご迷惑をおかけして申し訳ありません”と涙ながらに謝罪したんです。
    でも…彼の過去を知っている人たちは、その様子を冷めた目で見ていましたし、今回の報道に対しても驚いてはいませんでした。杏樹さんは知らなかったのでしょうね。彼の不埒な過去を」(舞台関係者)

    『週刊文春』の報道に端を発した鈴木杏樹の不倫騒動。杏樹は、元歌舞伎役者で劇団新派の俳優・二代目喜多村緑郎(ろくろう・51才)と舞台での共演を機に親密な関係に。同誌によれば、2人は海岸で人目をはばからず
    キスやハグを繰り返し、ラブホテルへ行くなどアツアツの様子だったという。互いが独身ならば何の問題もないが、緑郎には、元宝塚歌劇団宙組トップスターの貴城けい(45才)という妻がいる。
     今回の不倫報道は、杏樹にとっては人生初の大スキャンダルだ。1993年にドラマ『あすなろ白書』(フジテレビ系)でブレーク後、爽やかな魅力で女優はもちろん、音楽番組の司会としても活躍。1998年に
    医師の夫と結婚したが、2013年に死別した。その際、気丈にふるまう彼女の姿に胸を打たれた人も多いだろう。その杏樹にやっと訪れた新たな幸せ…と思いきや、それが不倫だったとは──世間は大きな衝撃を受けた。
    「報道後、2人は不倫関係を認め、謝罪コメントを発表。この時、杏樹が《お相手から独り身になるつもりでいるというお話があり、お付き合いを意識するようになりました》と釈明したことが、“妻の貴城に失礼だ”と
    さらなる批判の的に。また、情報番組『バイキング』(フジテレビ系)では、MCの坂上忍が“50才の大人を4000円のラブホテルに連れていくな”と、緑郎に呆れるなど、各方面で“炎上”が続いています」(スポーツ紙記者) 
     不本意な形で一躍、時の人となってしまった緑郎。いったい彼はどのような人物なのだろうか。
    「苦労人との報道もありましたが、実際は違います。一般家庭の出身ながら、口跡のよさと身体能力の高さで20代半ばで三代目市川猿之助(現・二代目猿翁)の部屋子に抜擢。異例の活躍ぶりでした。ただ、
    その後はけがに悩まされ、歌舞伎を続けることが難しくなった。4年前、歌舞伎界との交流も深い劇団新派に移籍して、劇団における大名跡・二代目喜多村緑郎を襲名しました」(歌舞伎関係者)
     ただ、芸の道を真摯に追求する一方で、女性関係は昔から派手だったそうだ。
    「長身で二枚目の緑郎さんは、とにかくモテる。2013年に貴城さんと結婚する前も、何人かタカラジェンヌと交際していたと聞いています」(前出・歌舞伎関係者) 

    ◆罵倒された緑郎が「訴えるぞ!」

     モテるがゆえに、過去には女性をめぐって大きなトラブルも起こしているという。前出の舞台関係者が声を潜める。
    「実は、劇団新派の中で大騒動があったんです。歌舞伎俳優の二代目尾上松也さん(35才)の妹で新派女優の春本由香さん(27才)と不倫関係に陥り、それがきっかけで彼女のお母さんや松也さんとモメてしまったんです」
     松也の母は元新派女優の河合盛恵(63才)、祖父は新派を代表する名俳優として知られた故・春本泰男さん(享年88)。由香は2016年1月に入団し、新派の“重鎮”ともいえる一家だ。
    続く
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200213-00000001-pseven-ent
    前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1581549666/


    【【衝撃】杏樹と不倫の喜多村緑郎、尾上松也の妹とも不倫した】の続きを読む


    Matt(マット、1994年7月18日 - )は、日本のミュージシャン、ブライダルモデル、タレントである。東京都世田谷区出身。有限会社Life is Art所属。本名:桑田 将司(くわた まさし)。 父は元プロ野球選手(投手)、野球解説者、野球評論家、野球指導者の桑田真澄。兄は元プロ野球独立リーグ選
    6キロバイト (570 語) - 2020年2月7日 (金) 08:50



    (出典 www.crank-in.net)


    私もこれだけお金使ってみたい、、、

    1 ネギうどん ★ :2020/02/13(Thu) 11:09:06 ID:B33Z189h9.net

    「昨年末に『NHK紅白歌合戦』で天童よしみと共演したMatt(25)ですが、今年に入っても勢いが止まりません。バラエティ番組やイベントなどにも引っ張りだこ。テレビに出演し始めた'17年ごろと比べれば、収入は10倍以上になっていると思われます」

    【写真】父・桑田真澄とイベントでも共演

    そう語るのは、広告代理店関係者。タレントのMattは元プロ野球選手・桑田真澄氏(51)の次男。最近では写真を加工して目を大きくしたり、肌の色を白くしたりする“Matt化”という言葉も流行している。多忙な日々を送っているという彼だが、桑田家の知人はこう語る。

    「意外に思う人もいるかもしれませんが、Mattはいまも、神奈川県内にある実家で、家族と同居しているのです」

    彼は“美肌作り”に多くの時間を割いている。週に1日は4~5カ所を巡る美容専用の日を設けているほどだ。

    《週に1回は美容の日を作って、まつげエクステ、眉毛ケア、美容院、皮膚科を巡ります》(『美ST』'18年2月号)

    前出の知人によれば彼が通っている美容院やクリニックは、表参道や麻布十番などの東京都心にあるという。仕事の都合も考えると都内に転居したほうが何かと便利のように思える。しかし彼を知る飲食店経営者は次のように語る。

    「実は高額な“美容代”も、一人暮らしに踏み切れない理由の1つだと聞いています」

    彼は'17年夏に出演した番組でも美容ケアに毎月20万円かかることを明かしていた。

    「それから3年になります。いまは“売れっ子”で、最新の美容情報にもさらに敏感になっており、『美容代も倍ぐらいになって……』と、語っていたそうです。ちなみに彼がブログで紹介していた銀座の最新マシンを用いたピーリングは1回2万円弱です」(前出・飲食店経営者)

    彼が言っていたように美容代が月に40万円になっているとすると、年間では500万円近くに! また実家には音楽活動のための機材もそろっているそうなので、仕事現場まで少しぐらい遠くでも、なかなか実家から出る気にはなれないのかもしれない。さらに前出の桑田家の知人は言う。

    「彼が“独立”しないのは、経済的理由のほかに、精神的な理由もあるのです。『嫌だったこともよかったことも、1日に起こったことはパパに話しているんです。パパは僕の出演している番組は全部チェックしてくれています』と、言っていました。仕事で悩みがあると、真っ先に真澄さんに相談しているとか」

    大ブレイクの陰には頼りになる父の名采配もあったようだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200213-00010002-jisin-ent


    【【衝撃】Matt 美容費用は月40万円年間500万円】の続きを読む

    このページのトップヘ